先物取引(一括報告義務)

顧客が委託した商品先物取引の内容および結果並びに預託した金銭の処理について、商品先物取引業者は、その都度売買報告書や残高照合通知書等の報告書類を送付していても、取引終了後、顧客の請求があれば、あらためて一括して書面により報告する義務があると認めた事例 名古屋地方裁判所 平成9年(ワ)第1613号 1998年9月18日 帳簿閲覧請求事件 森田茂弁護士 052(211)2236 豊商事(株) 本件訴訟は、原告が、商品先物取引における損害賠償請求の準備として、業者に委託者別先物取引勘定元帳および委託者別委託証拠金現在高帳の写しを要求したところ拒否されたため、裁判によりこれら法定帳簿類の閲覧謄写等を求・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。