新聞情報 20年5月〜20年7月

●裁判  ▲行政  ■時事  ◆生活

◆5月1日㈮ 弁護士が子どもLINE相談

 新型コロナウイルスの感染拡大で学校の休校が続くなか、弁護士有志がLINEを使って子どもの悩みに無料で答えるアカウントを開設した。原則5月6日まで対応する。(朝日)

◆5月2日㈯ スマホで少額融資 急増

 新型コロナウイルスの感染拡大に収束の兆しが見えないなか、個人にスマートフォン経由で少額資金を機動的に貸すフィンテックサービスの利用が増えている。小売り・外食店による営業自粛でアルバイトやパートに行けない若者の受け皿として、大手銀行が手薄になっている小口資金需要への対応をフィンテックが進めている。(日経)

◆5月7日㈭ マスク露天商は違法?

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、品薄状態が続くマスクを路上で販売する業者が各地で見かけられている。マスクの高値転売や無許可での路上販売は禁止されており、「違法では」との通報も相次ぐ。ただ、違法かどうかの判断は一見しただけでは難しく、警察も対応に苦慮。国民生活センターなどは、「品質の確認も難しい。購入は慎重に」と呼びかける。(日経)

▲5月9日㈯ 「コロナに効く」摘発相次ぐ

 新型コロナウ・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。