「つながる社会保障サポートセンター」が発進しました

一般社団法人つながる社会保障サポートセンター事務局長 小野啓輔

「つなサポ」の発足

 つながる社会保障サポートセンター(略称「つなサポ」)は、2020年4月に一般社団法人として発足した。この法人は、全国クレサラ・生活再建問題対策協議会の内部組織「社会保障問題研究会」から発展した。クレジット・サラ金地獄に陥った多くの人々を献身的に救済してきたクレサラ運動には、「クレジット・サラ金に借金せざるを得ない状態に追い込まれるのは、それを防ぐ社会保障が不十分だからだ」という問題意識が強くあり、2013年に社会保障問題研究会がスタート。以後7年間にわたり全国の弁護士、司法書士、社会保険労務士、研究者、自治体職員、多重債務被害者等の有志が定期的に京都で会合し、さらに数年に及ぶ合宿で議論を深め、社会保障の学習会、障害年金電話相談、書籍の発行等の活動を行い、生活再建の視点から社会保障問題に対応できる相談員の育成と、社会保障制度の問題点・課題等を研究してきた。

 この社会保障問題研究会をさらに発展させ法人化することで、社会的責任と信頼性を高め、結集力ある持続可能な活動とし、国や自治体、運動団体等、多様な相談支援員の連・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員申し込む」をクリックしてください。