判決を活かし、国に責任を果たさせよう
─生業訴訟高裁判決(仙台高裁2020〔令和2〕.9.30)が出る─

「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟弁護団事務局長 弁護士(東京) 馬奈木厳太郎

 「東電による不誠実な報告を唯々諾々と受け入れることとなったものであり、規制当局に期待される役割を果たさなかったものといわざるを得ない」「一般に営利企業たる原子力事業においては、利益を重視するあまりややもすれば費用を要する安全対策を怠る方向に向かいがいな傾向が生じることは否定できないから、規制当局としては、原子力事業者にそうした傾向が生じていないかを不断に注視しつつ、安全寄りの指導・規制をしていくことが期待されていたというべきであって、上記対応は、規制当局の姿勢としては不十分なものであったとの批判を免れない」——仙台高裁の法廷に裁判長の声が響きます。判決言渡しが終わると、期せずして廷内に拍手が沸き起こりました。門前では、「勝訴」「再び国を断罪」「被害救済前進」の三つの旗が、歓声と大きな拍手のなか高らかに掲げられました。

 2020年9月30日、爽やかな晴天のなか、「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟(生業訴訟)第一陣の控訴審判決が仙台高裁において言い渡されました。生業訴訟は、原発事故当時、福島県とその隣接・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員申し込む」をクリックしてください。