過払金・マルフク、ヴィラージュ、過払金承継、取引履歴推定

過払金債務を負っていたヴィラージュ・キャピタルから吸収分割によってマルフクが過払金債務を承継したという場合、ヴィラージュ・キャピタルが連帯して過払金債務支払義務を負うのかどうかが争われ、承継が免責的債務引受ではなく、重畳的債務引受であるとして連帯債務を認めた。また、平成4年4月13日から平成5年4月1日までの推定取引を認容した
裁判所 宮崎地方裁判所民事第2部
島岡大雄、上田洋幸、西尾信員
判決・和解・決定日 2012年(平成24年)7月23日
事件番号 平成24年(レ)第13号
事件名 不当利得金返還請求控訴事件
業者名等 (株)マルフク、(株)ヴィラ・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。