未公開株商法

未公開株商法についての関与を否認する発行会社及びその取締役に対して賠償責任を認めた高裁裁判例 裁判所 東京高等裁判所第11民事部 岡久幸治、三代川俊一郎、杉原則彦 判決・和解・決定日 2012年(平成24年)2月29日 事件番号 平成23年(ネ)第1819号 事件名 損害賠償請求控訴事件 業者名等 (株)健康堂(旧商号:(株)H4O) 問合先 太田賢志弁護士 03(3501)3600 発行会社が会社ぐるみで未公開株商法を行っていたと認定した原判決に対して、発行会社による株式譲渡はベンチャーキャピタルからの融資を目的とするものであって正当なものであり、未公開株商法への関与は社員1人が独断で行・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。