複数のクレジットカード間の過払金の充当

対ライフ。AOYAMAカードとプレイカード各取引が一定期間並行して行われていた場合、過払金充当合意を認めてAOYAMAカード取引終了時の過払金をプレイカード取引貸付金に充当することを認めた 裁判所 米子簡易裁判所 藤本憲司 判決・和解・決定日 2011年(平成23年)10月31日 事件番号 平成22年(ハ)第1075号 事件名 不当利得返還請求事件 業者名等 アイフル(株)(旧ライフ) 問合先 森田英雄司法書士 0859(23)6523 AOYAMAカード取引と約1年後に開始されたプレイカード取引との間で、充当合意が含まれていたとした。約款に複数契約の場合の充当規定があること及び一定時期二つ・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。