サラ金・会社の吸収分割と過払金の承継

ヴィラージュ・キャピタルは、旧マルフクの会社分割により、その旧貸付債権にかかる債権債務関係は、すべて新マルフクが承継しており、原告とヴィラージュ・キャピタル間には金銭消費貸借契約に伴う債権債務関係は一切存在しないと主張した。この主張をしりぞけた判決である 裁判所 宮崎簡易裁判所 土井久志 判決・和解・決定日 2011年(平成23年)11月16日 事件番号 平成23年(ハ)第865号 事件名 不当利得金返還請求事件 業者名等 (株)マルフク、 (株)ヴィラージュ・キャピタル 問合先 宮田尚典弁護士 0985(22)0825 被告らの主張どおり、本件会社分割について、旧マルフクの貸金業部門で発生・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。