サラ金からの過払金元本充当指定

CFJ合同会社を被告として約479万円の過払金元本の返金と民法704条に基づく利息の支払いを求めて訴訟提起したところ、被告は、訴訟中に訴訟外で100万円だけを原告代理人の銀行口座に強制送金した。かかる支払いにつき、被告は過払金元本に充当されるべきであると主張し、原告は過払金利息に先に充当され、その残金だけが過払金元本に充当されると主張して争われた事案 裁判所 名古屋地方裁判所民事第7部 野上誠一 判決・和解・決定日 2011年(平成23年)12月20日 事件番号 平成23年(ワ)第4940号 事件名 不当利得返還請求事件 業者名等 CFJ合同会社 問合先 深津治弁護士 052(222)8900 ・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。