証券・ロスカット(強制手仕舞)を認めない

原審は、取引口座への振り替えに時間を要したたことにつき、違法ではないと判示したが、控訴審は、代表口座に振り込まれた段階で業者の管理下におかれ、顧客の取引口座に反映させるまでに時間を要し、その間にロスカットルールを適用したことは、債務不履行にあたる。値洗いの頻度が低くその時期が業者に委ねられている場合には、慎重な方策をとる必要があり、そのような方策をとらないままで行なわれたロスカットは、裁量権を逸脱するものとして債務不履行にあたる。吸収分割により、争いある債権債務についても、承継会社が承継する権利義務に含まれる 裁判所 福岡高等裁判所那覇支部民事部 橋本良成、森鍵一、山﨑威 判決・和解・決定日 2・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。