投資詐欺商法(FX関連ファンド商法)

詐欺的金融商品取引(FX関連ファンド商法)業者の事務担当従業員について、「過失による幇助責任」を認めた事例 裁判所 東京高等裁判所第1民事部 福田剛久、田川直之、東亜由美 判決・和解・決定日 2011年(平成23年)12月7日 事件番号 平成23年(ネ)第1635号 事件名 損害賠償請求控訴事件 業者名等 (株)ファンドシステムことファンドシステム・インコーポレイテッド従業員 問合先 荒井哲朗弁護士 03(3501)3600 Aは、ファンドシステムというFXで運用するという触れ込みで資金集めをしていた預り商法業者の従業員として、取引の計算書の作成、取引報告メールの送信、顧客との入出金、海外の・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。