クレジット・既払金返還(和解)

要旨 必ずしも過剰与信ではない単発の訪問販売において、クレジット事業者が既払金相当額の約8割を解決金として支払う旨の和解が成立した事例 裁判所 沼津簡易裁判所 岡田洋佑 平成19年ハ第563号(本訴)、平成19年ハ第748号(反訴) 判決・和解・決定日 2008年(平成20年)4月16日 事件名 (本訴)立替金請求事件(反訴)損害賠償等請求事件 問合先 山田茂樹司法書士 0558(74)2801 業者名等 (株)学研クレジット A(20歳代半ば・女性)は、軽度精神遅滞、心因反応が認められ、圧迫感を感じる場面での拒否能力の低下が診断されている。看護助手として病院勤務。月収は15~20万円程度であ・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。