年金担保

年金担保業者の会社の不法行為の他、会社代表者の不法行為も認め、会社と連帯して同額の損害賠償額の支払を命じた事例 大阪高等裁判所 竹中省吾、竹中邦夫、矢田廣高 2005年(平成17年)10月19日 平成17年(ネ)第1289号、平成16年(ワ)第11525号 損害賠償請求控訴事件 (株)エスエス 植田勝博弁護士 06(6362)8177 裁判所は、「被控訴人阪田は、被控訴人会社設立の中心的な人物であったところ、被控訴人会社設立後代表取締役に就任し、十数年にわたり代表取締役を務め、代表取締役退任後も、取締役の地位に留まり、被控訴人会社の事実上の経営者として経営方針を自ら決定するなど、経営に関与し・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。