年金担保

年金担保取引について、取引をした会社だけではなく、代表者個人についても民法709条の不法行為であるとして、会社との共同不法行為者として連帯して損害賠償の責任を負うとした事例 大阪高等裁判所 武田和博、松山文彦、鈴木和典 2005年(平成17年)9月30日 平成17年(ネ)第939号、平成16年(ワ)第4210号 損害賠償請求控訴事件 (株)エスエス 植田勝博弁護士 06(6362)8177 年金担保取引は不法行為として業者会社と代表者個人が連帯責任を負うとした事例。 一審大阪地裁は、会社の責任として、業者の取得年金から資金額を差引いた額、約354万円と慰謝料30万円、弁護士費用38万円の支・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。