証券(EB債)

EB債(他社株転換特約付社債)被害の初の勝訴判決であり、表面的なリスクの存在だけでなく商品構造に起因するリスクの内容と程度を理解させるべき義務が認められた裁判例(控訴) 大阪地方裁判所 森宏司・真辺朋子・安木進 平成14年(ワ)第5106号 2003年(平成15年)11月4日 損害賠償請求事件 田端聡弁護士 06(6314)0039 三菱証券(株) (旧・国際証券(株)) EB債は、1998年の店頭デリバティブ解禁以降に販売されるようになった新商品であり、「確定高利回りの社債」という衣をまといつつ、対象株式が予め定められた株価を下回れば、現金の返還に代えて下落した株券が交付されるというリスクが・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。