商工ローン

(株)日栄と日本信用保証との一体性、保証料等のみなし利息性、手形の切替と取引の一体性を肯定し、又不当利得額の計算につき、基本手形毎の系列計算と過払金の相互充当を認め、金733万円余りの返還を命じた。 京都地方裁判所福知山支部 松井英隆 平成12年(ワ)第9号 2002年(平成14年)3月15日 不当利得返還請求事件 宮本平一弁護士 0773(23)2911 (株)日栄(現ロプロ) 本件は、(株)日栄(現ロプロ)を相手にした過払金の不当利得返還訴訟の勝訴判決である。 1、子会社日本信用保証と(株)日栄との一体性 本件判決は、日本信用保証につき、100%子会社であること、(株)日栄の貸付け時に信・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。