貸金・保証

業者が行った根抵当権設定仮登記が、設定者とされた者には根抵当権設定の意思はなかったとして抹消を認められた事例 東京高等裁判所 鬼頭季郎・納谷肇・任介辰哉 平成15年(ネ)第739号 2003年(平成15年)6月26日 根抵当権設定仮登記抹消登記手続請求控訴事件 伊東達也弁護士 043(202)5025 日本住宅総合信用こと田村勝二 Aさんは、知人の保証人になることは承諾したが、その知人が逃げてしまった。そのため破産申立をすることにしたが、直前にお父さんが不動産を残して亡くなっていたので破産申立に先立って相続放棄をした。しかし業者が代位して不動産にAさんらの相続登記をした上、Aさんの持ち分に根抵・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。