サラ金

貸金業者に対する帳簿等の文書提出命令の申し立てを却下した原審決定を取り消し、文書の提出を命じた事例 大阪高等裁判所 下方元子・水口雅資・橋詰均 2003年(平成15年)6月17日 平成14年(ラ)第936号 文書提出命令申立却下決定に対する抗告事件 井上元弁護士06(6366)0636 (株)善木 過払金返還請求事件において、業者に対する帳簿等の文書提出命令の申し立てにつき、原審決定(大阪地裁平成14年8月30日)は、文書を廃棄したとする業者の主張をいれて文書の存在の証明がないとして却下した(但し、取引帳簿の廃棄は過払金を免れようとする意図を十分推認させるものであり、文書提出命令が発令された・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。