ヤミ金

都(1)業者2社に対し、不法原因給付を原因とする不当利得返還請求権(全額説)、不法行為に基づく慰謝料、弁護士費用を認めた仮差押決定 加古川簡易裁判所 岡林 正 2003年(平成15年)2月5日 平成15年(ト)1号、平成15年(ト)2号 債権仮差押命令申立事件 谷林一憲弁護士 公表せず 本件の依頼者は、平成14年10月以降ヤミ金から借り入れを始め、当職が同年12月の法律相談で相談を受けたときには合計24社から借り入れをしていた。受任して数日間で22社とは過払い金の返還交渉を済ませた。本件の業者は、過払い金の返還を約束し和解書まで送付させながらも全く和解金を送金してこなかった業者(①)と、全く・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。