利息制限法(保証料)

日掛金融アドバンスの貸付につき、保証会社「日本保証サービス(株)」の保証料をみなし利息とすれば過払い、みなし利息としなけ れば債務が残るという事情の下、ゼロ和解が成立した事例 浜松簡易裁判所 大村陽1 2003年(平成15年)2月4日 平成14年(ハ)第936号 不等利得返還請求事件 榛葉隆雄司法書士 (株)アドバンス 平成13年3月23日から取引が始まり、わずか1年3カ月後の過払金返還訴訟提起である。原告はこの間に、8回借換えをしており、その度に新たな借入額の5%に相当する保証料を被告の担当者に支払い、日本保証サービス名義の領収書を受領していた。そのため、かように短期間であるにもかかわらず・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。