商工ローン

商工ファンドに対する不当利得返還請求事件について、請求額の8割を返還するとの和解事例 千葉地方裁判所 及川憲夫 平成12年(ワ)第2173号 2001年(平成13年)8月16日 不当利得返還請求事件 陶山嘉代弁護士 043(224)7366 (株)商工ファンド 本件は、商工ファンドと顧客であった原告A、B、Cが、各自、A330万4122円、B392万8504円、C847万1735円の合計1570万4361円の不当利得の返還を求めて提訴した事案である。なお、訴訟の途中で、Bの根保証人らが補助参加した。 原告の計算方法は、サラ金の債務整理と同様、貸し口がいくつかあるように見えても一連の取引と考え・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。