ワラント

商品 ワラント 大阪地方裁判所 島川勝 違法要素 説明義務違反、適合性原則違反、過当取引 過失相殺 なし 業者名 国際証券 2001年(平成13年)2月26日 認容金額 368万3989円 掲載誌 未掲載 片岡利雄弁護士 06(6360)1811 事案は、平成5年まで30年間、都市銀行に勤務していた投資家が、平成5年7月から同7年4月までのワラント購入(12銘柄・34回)につき、説明義務違反、断定的判断の提供、適合性原則違反、過当取引を主張して約1900万円の賠償を求めたものである(訴訟係属中に投資家は死亡したため、妻子が受継している)。 判決は、ワラント一般についての説明義務違反、適合性原・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。