消費者信用(商工ローン)

日栄の取引について、日本信用保証に対する保証料等も利息とみなしたうえ、系列毎に整理された一連の貸付は一体の貸付とみなすべきであるとして、不当利得返還請求を認めた事例 大分地方裁判所 鹿島久義 平成11年(一)第636号 2000年(平成12年)10月17日 不当利得金返還等請求事件 河野聡弁護士 097(533)6543 (株)日栄 日栄との手形取引については、100%子会社である日本信用保証の保証料及び事務手数料がみなし利息に該当するか否かという論点と、利息制限法に基づく元本充当計算について、手形毎に計算すべきか、一連の取引を一体のものとして計算すべきか(手形の満期日と次の融資日が同一の手形・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。