商工ローン

日栄が保証人に対し、手形金の請求をし、保証人が利息制限法順次充当残金を供託した件で、日栄の請求を棄却した原審判決に対する日栄控訴事件で、保証料等名目の支払をみなし利息と認め、一連の過払金充当計算を認めた東京高裁判決 東京高等裁判所 2000年(平成12年)3月29日 平成11年(ネ)第3020号 保証債務履行請求控訴事件 茆原洋子弁護士 044(855)5414 (株)日栄 日栄の手形金請求に対して、保証人が供託をしましたが、日栄は訴訟で再び手形金を請求しました。 1999年4月26日横浜地裁川崎支部判決は日栄の貸金業規制法43条の主張を排斥し、3本の系列にそって、終始受領額を元本とする過・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。