証券

取引当時65歳の専業主婦(小学校卒)に対し、日経平均株価指数オプション取引(日経225)を勧誘して損失が発生。被告会社によるこの取引の勧誘が違法不当な勧誘だとして不法行為に基づく損害賠償請求をした事案。 京都地方裁判所 1999年(平成11年)9月13日(控訴) 平成9年(ワ)第2708号 損害賠償請求事件 木内哲郎弁護士 075(257)1546 東京三菱パーソナル証券(旧商号菱光証券) 裁判所は、オプション取引は長い投資経験と深い知識を有するものでない限り、多くの個人投資家には適合しないところ、原告にはオプション取引の仕組みや危険性を理解する能力がそもそもなかったとして、適合性原則違反を・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。