先物取引

海外商品先物取引業者の営業が、顧客の犠牲において幹部らの利益を計る違法な目的の下になされていたものであり、その態様も、顧客の利益を全く無視し、顧客を食い物にするものであって、実体としては保証金名下に金員を騙取するに等しいものと評価することができ、海外商品先物取引業者として通常許される顧客獲得のための正常な勧誘行為の範囲を著しく逸脱したものとして、顧客に対する不法行為を構成するとした事案 東京地方裁判所 1999年(平成11年)5月9日 平成8年(ワ)第7993号 損害賠償請求事件 鈴木・渡辺法律事務所 株式会社エクセレント 株式会社エクセレントは海外先物取引の商品受託業務等を業とする会社であ・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。