消費者信用(カード紛失)

カード会社のカード利用代金請求訴訟で、カードを紛失した第三者により不正使用されたという被告カード会員の主張を認め、原告カード会社の請求を棄却した事例 東京簡易裁判所 平成9年(ハ)第10090号 1998年(平成10年)2月24日 立替金請求事件 宇都宮健児弁護士 03(3571)6051 ㈱ダイエーオーエムシー 本件は、カード入れを紛失した被告(カード会員)が、警察署に原告(カード会社)のOMCカードの紛失届を提出し、原告に対してもその旨の連絡をしていたにもかかわらず、カードの利用があった加盟店の会員が写真確認により被告がカード利用者に間違いないと証言したとして、被告の主張に全く耳を貸さず原・・・

この記事は会員に限定されています。ログインしてください。
会員になるには「会員に申し込む」をクリックしてください。